FANDOM


ジェシー・ピンクマンとは、ウォルターが勤務する高校の元生徒。学業に対してやる気がなく化学の単位を落とすほどだったが、学校を辞めてからはドラッグを製造し生計を立てていた。金に困っていたウォルターにドラッグを密造していることを知られ、ビジネスパートナーとなることを持ちかけられる。生まれは裕福な家庭だったが、素行不良なため追い出された。その後は癌であった叔母と同居していた。叔母が亡くなったあともその家に住み続けた。

背景 編集

1984年9月生まれ。小さい頃に友達とバンドを作ってドラマーをやっていたことがあった。ジェシーは中学2年のとき初めてウォルターと出会った。ジェシーの母から言うと、ウォルターは他の先生とは違い、ジェシーの才能を見出し、彼のことをとても気にかけていた。ジェシーがドラックの件で強引に親元から離された後は叔母と一緒に住んでいた。叔母がガンでなくなった以後もずっとそこで住んでいた。ジェシーには、非常に仲が良かった弟ジェイクがいる。

シーズン1 編集

ジェシーは仲間のエミリオ・コヤマと一緒にメタを製造して売るという生活をしていた。ウォルターが義理の弟であるハンクと一緒にDEAの麻薬の押収行動を共に行った際に、ジェシーが麻薬製造実験室の隣の部屋から逃げ出していくところを目撃した。その後ウォルターは高校の学生記録からジェシーの情報を手に入れ、彼を脅してドラックディーラーにならないかと誘った。ジェシーはウォルターの化学に対する能力を高く評価していたが、彼の仲間はウォルターはDEAと関係があることを思い出し、ウォルターを殺害しようと思っていた。ウォルターは自身の知識を最大に利用して、覚醒剤 (クリスタル・メス) を製造しジェシーの仲間たちを殺害することになってしまった。

ウォルターとジェシーはメス作成に必要な場所を、RVからジェシーの住むアパートの地下室に移した。彼らが作った高品質のメスはすぐに人気を集めたが、それと同時にハンクに目を付けられるようにもなった。今現在の売り上げに満足してないウォルターはジェシーにもっと高く売りさばけるディーラーを探すように頼んだ。ジェシーは仲間を通してトゥコというディーラーと会うことになった。初対面のとき、ジェシーはトゥコにひどく殴られ、病院に行くこととなってしまう。ウォルターはトゥコに2ポンドのメスを用意することを約束させられた。その量は今までに生産したことのない量であった。大量のメチルアミンを盗んでようやく締切日までに完成させたが二人がトゥコに届けた際に、トコが自身の部下を殺害しているところを目撃してしまう。

シーズン2 編集

DEAの押収行動後、トゥコはウォルターとジェシーを自分を裏ぎったと思って、二人を誘拐して砂漠に連れて行った。危険を察知したウォルターとジェシーはトゥコを毒殺しようと思ったが、失敗した。彼らはトゥコとの争いから逃げたとき、偶然にもDEAのハンクが外にいて、トゥコを射殺した。

二人はジェシーの友人のおかげて、砂漠から町に帰ることができた。メスを生産する実験室はジェシーの地下室からRVに戻った。両親から頼まれた弁護士によって、ジェシーは今住んでいるアパートから追い出されて、新しくアパートを探さなければならなかった。新しい家主となったジェーンはタトゥーアーティストであり、または隠れ麻薬中毒者であったことにジェシーが気づいた。ジェシーは間もなく彼女と恋に落ちた。

ジェシーは友達の死亡に落ち込んでるとき、ジェーンと一緒にヘロインに夢中になった。これが原因で、ジェシーはメスの取引で儲けたお金をたくさん払った。ウォルターはジェシーのために彼の分け前を差し控えて、ヘロインから救おうと決心した。ジェーンは分け前のことを知り、ウォルターを恐喝しているとき、過量のヘロインを摂取しまい、嘔吐しながら窒息し、死んでしまった。意識を戻したジェシーはジェーンの死に自分が責任を取らなければならないと思って、非常に後悔した。

シーズン3 編集

ジェシーはジェーンの死のショックから立ち直れずに孤独な日々を過ごしていた。メス作成にかつて使用していたRVがジェシーのものだとハンクは確信し、ジェシーのことを警戒し始めた。ジェシーを捕まえそうになったところで、ウォルターは弁護士ソウルにハンクに電話するよう頼み、妻マリーが今病院に運ばれたと伝えた。偽電話に騙されたハンクはジェシーに激怒。ジェシーはこの後、ハンクに殴られて、また病院送りになってしまった。回復したジェシーはウォルターの唯一の仲間として、メス生産のビジネスを再開した。

麻薬更生ミーティングで出会たアンドレアの弟が実はジェシーの友人ゴンボを殺害した事実を知る。少年であった弟を裏で操りメス売買、さらには殺人までさせていたのはガスの手下の二人の男だった。怒ったジェシーはその二人の殺害を試みようとしたところ、突如ウォルターが現れ殺害した。

ガスはブルーメス製造を習得したゲイルに今後を任そうと考えていることを察したウォルターは、ジェシーにゲイルの殺害を頼んだ。追いつめられたジェシーはゲイルを射殺した。

シーズン4 編集

ゲイルを殺害後、ウォルターとジェシーはラボに帰った。ガスはジェシーとウォルターの目の前で見せしめのように子分ビクターの喉を掻き切り殺害した。ウォルターはガスが恐ろしい人間だとジェシーに強調したが、ジェシーはそれを無視した。ジェシーは見知らぬ麻薬ジャンキー達を家に住まわせ、罪の意識から逃避するかのように乱れた生活を送っていた。

ある日、マイクはジェシーを一日中車で連れ回した。ジェシーは訳の分からないままだったか、無事に帰された。ラボに現れず心配していたウォルターは安堵したものの、今日のできごとはジェシーを試すためのもので、ガスはジェシーとウォルターの関係を破綻させようとしていると教えた。

ガスの考えに危機感を募らせたウォルターは、接点が多くなったジェシーとガスの関係を利用して、ガスを毒殺しようと計画した。ジェシーはガスと敵対するカルテルのメンバーとのミーティングの際にリシンをコーヒーに混ぜようとしたが失敗。ウォルターはジェシーにガスと会う機会を設けるように勧めたが、断られた。しかし、実際はジェシーとガスは会う機会があり、それを後に知ったウォルターはジェシーの裏切りに怒りが抑えられず、二人は殴り合いの大喧嘩をした。

その後まもなくして、ガスとマイクはジェシーをメキシコに連れて行き、敵対するカルテルのグループのメス製造を担当するように言われる。ジェシーは一人で抜かりなく製造し、その後の製造の成功を祝うパーティでガスが持参した酒を飲んだカルテルの一味全員が毒殺された。その場を離れる際に毒殺を免れたサラマンカの孫をジェシーは射殺した。

ある日、ジェシーがかわいがっているガールフレンドの息子ブロックがなんらかの中毒になり病院に運ばれた。ジェシーはこれは始めはウォルターによるリシン中毒だと思っていたが、ウォルターはこれがガスがやったことだと彼に信じさせた。結局、ブロックはリシンの中毒だったわけではなく、少し毒性があるスズランの実を食べてしまっただけだった。この毒性のあるスズランの実はウォルターの家の庭にあったものだった。

最終的に二人は周到な計画のもと、ガスを殺害した。その後、証拠隠滅のためにラボを燃やした。

シーズン5 編集

ガスを殺した後、ジェシーはマイクを説得して、彼とウォルターのビジネスパートナーとなった。貨物列車からメチルアミンを盗むときに、仲間が目撃者の子供を殺してしまい、激怒。グループから離れた。マイクが消えた後、ジェシーがウォルターにマイクの行方を確認した。数日後、ウォルターはジェシーの所に来て、ジェシーの取り分の500万ドルを渡す。しかし、ジェシーはこの血でまみれた金を拒絶し、その一部の札束を道ばらまいた。

その一件でジェシーは市警に質問されていた。ハンクもそこにいた。彼はもうウォルターの正体を知ってしまったことをジェシーに告げたが、ジェシーは彼に何も教えなかった。そして、ジェシーは突然ブロックの中毒事件は実はウォルターの仕業であることに気づく。怒り心頭のジェシーはウォルターの家を燃やそうとしたが、ハンクに止められた。

ハンクはジェシーを自分の家に連れて、安心させた。そして、警察に協力して、ウォルターを捕まえようと計画した。ジェシーはウォルターのお金を餌として、ハンクを手伝って、ウォルターを捕まえた。警察署に行く間に、ウォルターは仲間に救われた。混乱の中ハンクは殺された。ジェシーはもう心の底から麻薬ビジネスを嫌いになってしまった。最後のけんかで、ウォルターとジェシーだけ生き延び、ウォルターはジェシーを自由した。

ビデオ 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki