FANDOM


ウォルターの妻。ウォルターがガンと告知された時は妊娠していたが、無事にを出産。家族を愛し、ウォルターが治療を受けるように強く説得し、それを受けさせた。しかし、病気になってからのウォルターの様子がどうも妙だと不思議に思っている。ウォルターの治療費の為に以前働いていた職場での仕事を再開した。

バックグランド 編集

会計士の勉強をしていた頃、ウォルターが以前勤めていた職場近くのレストランでウェイトレスとして働いていたときにウォルターと知り合った。結婚後はニュー・メキシコ州のアルバカーキに引越し、家を購入。その後、妊娠し息子が生まれた。娘を出産した後、スカイラーはの怪しい行動を疑って、夫と別居になった。

後、ウォルターはメスビジネスをしていることに知り、彼女は初めて離婚を考えたが、結局ウォルターを手伝い、彼がメスビジネスで儲けたお金を管理していた。メスビジネスで得た大金の資金洗浄のために、ウォルターがかつてアルバイトしていた洗車会社を買収し運営した。メスビジネスの闇に陥っていくウォルターを恐れ、彼女は自分と子供達の安全を最優先にし、子供達をマリーの所に預けたりもした。

シーズン1 編集

シーズンが放送開始された頃、スカイラーは優しい母と妻のイメージだった。正式の仕事に就いておらず、小説を書きながら、インターネットオークションに出品して生計を支えていた。

メス製造と肺がんのことを隠して行動が怪しくなってきたを彼女は調べ始めた。彼女はジェシーの存在を知り、ウォルターに尋ねたが、彼はジェシーはマリファナの売人だと教えた。彼女はジェシーに電話をして、これからウォルターにマリファナを売らないよう警告した。

スカイラーはマリーからウォルターが既に洗車のアルバイト辞めたこと聞き、妻である自分に教えなかったことで非常に傷ついた。ウォルターはスカイラーを慰めるために、しばらくメス製造を控えた。そして自分が肺がんがあることを告げた。スカイラーはウォルターが過去に長期間化学薬品を使ったことが癌につながったと考え、ウォルターに治療を受けるよう医者と一緒に勧めた。

スカイラーとウォルターは友人エリオット夫妻の誕生日パーティに出席した。ウォルターのかつての同僚で今は成功者のエリオットに、ウォルターに高給の仕事を与えてくれないかと、スカイラーは頼んだ。しかし、ウォルターは断った。ウォルターは治療費と家族に残すお金を調達するために、メス製造を選ぶこととなった。

スカイラーは妹マリーからベイビーシャワーのギフトとしてダイヤモンドがついたティアラをもらったが、実はこれはマリーが盗んだものであった。

シーズン2 編集

ウォルターの怪しい行動と消息不明事件でスカイラーはますますウォルターへの不信感を募らせた。結局、消息不明であったウォルターは無事に戻ってきたが、二台目の携帯電話のこともありスカイラーの心は離れて行った。そして、重圧から逃れるように、スカイラーは妊娠中にもかかわらずタバコを吸い始めた。

かつて勤務していた会社で経理の仕事を始めたスカイラーは社長のテッドと浮気を始めた。しかし、テッドが不正会計処理をしている事実を知り、関わりたくないために別れた。一方、ウォルターはようやく二台目の携帯電話の存在を認めたものの、スカイラーはこれ以上ウォルターの嘘を受け入れられないと、子どもたちを連れて家を出た。

シーズン3 編集

ついに、ウォルターが実はメスビジネスに手に染めていることを知り、スカイラーはウォルターとの離婚を考えた。ウォルターは家族とのつながりを断ち難く、スカイラーの希望に反して再び一緒に住むこととなった。それに加え、ウォルターがメスビジネスで稼いだお金を管理することにもなった。相談した弁護士ソウルから資金洗浄のためにレーザータグ場を買収するように勧められるが、頑なにウォルターがかつてバイトをしていた洗車店を買うことにこだわった。

シーズン4 編集

スカイラーは資金洗浄のために始めた洗車ビジネスにも慣れ、新しい生活を楽しんでいた。ウォルターとの関係も少しずつ修復されてきた。彼女はウォルターがメスビジネスで稼いだお金の大半を使って、テッドの追徴課税を支払ってしまった。ウォルターはガスと対立後、身の危険を感じ自分が儲けたお金で家族を安全な所に引っ越させようとしたが、隠しておいたお金の大半をスカイラーが元浮気相手のテッドのために使ったことを知る。

そんな中、ハンクへの殺害予告があり、家族が避難した。スカイラーはいかに自分と家族が大きな危険に身を置いているかということを思い知る。

シーズン5 編集

ガスが殺害された後、スカイラーのウォルターに対する態度は急変して行った。自分も犯罪行為に加担し、ウォルターの冷酷な行いに恐怖を感じ精神的に追いつめられていた。そんな中、ウォルターの51歳の誕生日パーティーを自宅のプールサイドで行っていたところ、突発的に自殺を試みたがその場にいたウォルターに助けられた。心配したマリーハンクがしばらく子供達の面倒をみてくれ、二人はお互い向き合う時間を作ることができた。ウォルターはこれまでの二人の関係を修復したいと思ったが、スカイラーは子供達を彼が行っていることに引き込みたくない言い返した。

ある日、ウォルターの正体を知ったハンクはスカイラーに協力を求めて、ウォルターを捕まえようとした。しかしながら、スカイラーはハンクが家族を助けるためではなく、執念でただウォルターを捕まえたいだけだと考え、ハンクの要求を断った。

スカイラーはマリーからハンクウォルターを逮捕したと聞かされる。マリーに息子に真実を打ち明けるように促され、身の切れる思いですべてを話した。家に帰ったスカイラーと息子は逮捕されたと思っていたウォルターの姿を見て驚いた。ハンクが死んだことを聞いて、凶暴なウォルターから子供を守るため、スカイラーはナイフで襲い掛かりウォルターを家から追い出した。

数か月が経ち、ウォルターが戻ってきたが、彼女は全く驚かなかった。ウォルターが離れる前に、スカイラーは彼に娘を見せた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki