FANDOM


  • Togo555

    海外の映像作品を見る時、それを字幕で見るべきなのか、吹き替えで見るべきなのかと悩む人は多いと思う。かく言う筆者もそのひとりで、特に昨今、ディズニー作品などの3D映像においては字幕が平面映像と比べて読みづらいと、あえて吹き替えで見る人も多くなってきていて、そうなると悩みはさらに深まる。
    確かにかつて、通は字幕で見るもので、吹き替えは漢字の読めない子供用という風潮があった。そして確かに映画館では未だに字幕版の方が上映館数も多いのも事実。けれど、NHKなどで放映される海外ドラマは例外を除きすべてが吹き替え作品だ。などなど考えているとそれは尽きず、とりあえずは字幕と吹き替えに対する認識を一度白紙にしても良い気がしてくる。
    というわけで、今回は筆者が字幕版と吹き替え版を見比べてその違い、もしくはそれほど違いを感じなかったのかということについて書いてみたい。
    まず、その両方を一見してすぐに気が付いた違いはウォルター・ジュニアのしゃべり方だった。ウォルター・ジュニアは脳性麻痺による軽度の言語障害を抱えている。字幕版、つまり英語で俳優がしゃべるときは舌足らずなしゃべり方をしているのだが、吹き替えでは聞き取りづらい演出は回避されたのか滑舌よくしゃべっている。
    あと全体的に英語圏の人たちは声が低いように思える。これは文化の違いではないかと推測するけれど、日本では高い声がかわいいとされていて、海外では低く声の腰が据わっているような声が魅力的に感じてしまうということがひょっとするとあるのかもしれない。勘違いかもしれないけれど。
    そのため、吹き替えでは主人公ウォルターもハキハキと明快にしゃべる。英語はそれと比べると声が低く咳き込むことが多いこともあってはっきりと発音していないシーンが結構ある。
    また、それ ……





    全文を読む >
  • Kanakokanako

    ブレイキング・バッドウィキアへようこそ!
    ここは海外ドラマブレイキング・バッドのコミュニティです。
    このドラマにハマってしまってその思いを誰かとシェアしたい方はどんどん編集して下さい。このドラマについてまだ初心者な方はドラマを見てここでどんどん情報を得て是非編集に参加して下さい。このコミュニティは誰でも編集することができます。エピソードや登場人物の記事を増やしたりドラマの感想をブログにしたりフォーラムで話し合ったりすることもできますのでどしどし参加して下さい。
    よろしくお願いします。

    全文を読む >

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki