FANDOM


マリー・シュレイダーとは、スカイラーの妹でハンクの妻。ガン治療の現場で働く放射線技師。ウォルターに優秀な病院を紹介したのは彼女である。情に厚い性格ではあるが、窃盗癖があり周囲の悩みの種になっていたりもする。ガンの治療の現状を知り、治療の際には本人の意志を尊重すべきだといい、スカイラーと対立したりもした。

シーズン1 編集

スカイラーと話したマリーはウォルターJrが大麻にはまっていると信じ、夫のハンクに頼んでウォルターJrに麻薬の危険性を教えるように頼む。ウォルターが肺がんがあることを知り、熱心に彼に治療情報を提供したり、出来るだけ手伝った。ウォルターが治療を断わった際は、彼女はウォルターの意見を尊重した。

スカイラーのベビーシャワーのギフトとして、マリーはきれいなダイヤモンドのついたホワイトゴールドのベビー用ティアラを渡した。しかし、実はこれは盗んだものということがバレ、スカイラーを怒らせた。姉妹二人はこの件で喧嘩を続けた。

シーズン2 編集

ウォルターが行方不明のとき、マリーはウォルターがもう一つ別の携帯電話を所持しているかもしれないとスカイラーに教えた。

ウォルターJrが作った父親ウォルターへの寄付を募るウェブサイトに関するテレビ取材の際に、ウォルターのぎこちなさに気づき、マリーは彼にカメラに微笑むようにと教えた。

シーズン3 編集

死闘の末、体の自由が奪われたハンクの入院生活が続き、マリーは毎日落ち込んで過ごしていた。マリーは再び昔の自信に満ちたハンクに必ず戻ってくれると信じて、どんな困難があっても彼を励ましていた。

シーズン4 編集

ハンクは療養生活の重圧が積み重なり、マリーに対しての優しさもだんだんなくなり、二人はよく些細なことで喧嘩した。ストレスにさらされていたマリーは盗癖を再発させ警察に捕まったが、ハンクの力で釈放された。

シーズン5 編集

スカイラーウォルターの離婚問題の原因の一つとしてスカイラーがテッドと浮気をしていたとウォルターから聞き、マリーは非常にショックを受けた。精神的に追いつめられていたスカイラーが自殺を試みたことから、マリーはスカイラーの子供たちを預かり面倒をみた。

ハンクからウォルターは実はハイゼンベルクではないかということを知らされたマリーは、スカイラーはいつからその事実を知っていたのか、と責めた。一方、がんを再発したウォルターに対して、自殺をしてこの事件の終結を図るように勧めた。その後、ハンク夫妻とウォルター夫妻のギクシャクした関係が続いていた中、ウォルターは罪の全ての原因はハンクであるというでっち上げのストーリーを収めたビデオを作成し、ハンクに渡す。マリーはここでようやくハンクの高額の治療費はウォルターのメスビジネスで得たお金から支払われていた事実をハンクに告げた。

ハンクからの電話でウォルター逮捕を聞かされ喜んだものの、その直後にハンクが銃殺された事実を知り号泣した。マリーとスカイラーは疎遠となったものの、その後ウォルターが街に戻ってきたとの情報を聞き、マリーはスカイラーと残った家族の身の危険を案じた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki