FANDOM


化学教師ウォルター・ホワイト

1話

シーズンエピソード

11

アメリカでの放送日2008年1月20日

放送時間58分 [?]

脚本ヴィンス・ギリガン

監督ヴィンス・ギリガン

前回次回
--新しい相棒

Images (0)

ニューメキシコのアルバーカキに住むウォルターは高校の化学教師。副業でバイトをしなければならないほどに貧しい暮らしをしていたが、生真面目に正しい生活をしていた。しかしある日、ウォルターは咳き込むと共に倒れ病院に運ばれ肺ガンと申告される。余命2年の身ではと脳性麻痺の息子と妊娠中の自分の娘が路頭に迷ってしまう。どうにか金を稼ぐことが出来ないかと考えていたウォルターは、麻薬取締官である義弟ハンクの話を聞いているうちに専門である化学の知識を駆使し高純度のクリスタル・メスを作り大金を手に入れることを思いついた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki