FANDOM


最凶のワル

6話3.jpg

シーズンエピソード

16

アメリカでの放送日2008年3月2日

放送時間47分 [?]

脚本ジョージ・マストラス

監督ブロンウェン・ヒューズ

前回次回
ウォルターの選択犯罪の境界線

Images (0)

家族の説得を受け、治療をすることにしたウォルターはジェシーと再びコンビを組んでドラック製造を再開する。そんな中、ハンクはドラッグ密造の証拠品の中にウォルターの勤めている学校の備品を発見する。そして、学校を捜査した際にウォルターが世話になった用務員の男がドラッグ容疑で逮捕され学校をクビになってしまった。一方、ジェシーは大口の取引をするためにトゥコという札付きの悪の元を訪ねたのだが袋叩きに遭いドラッグを奪われ病院送りにされてしまう。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki